画像編集とRAW現像に快適なPC (CPU) | Photo Storage

デジカメEOS 7Dで撮影した下手な写真や日々の出来事を紹介。

Photo Storage

PC

画像編集とRAW現像に快適なPC (CPU)

更新日:

最近、Silkypixのサムネイル表示が遅かったり、TIFFをPhotoshopで開くときに遅かったりと結構ストレスがたまってきました。

おそらく、Windowsをクリーンインストールしてあげればそれなりにサクサク動くようになるとは思うんですが、4年程前に購入したPCなのでそろそろ限界ですかねー。

ネットで調べてみると、画像編集とRAW現像を快適に作業するためには、一番のポイントがメモリ。次にCPU。グラフィックはオンボード性能で問題ないという書き込みが多いですね。

まずはCPUを調べてみました。

ブルームフィールド、リンフィールド、クラークデールからそれぞれひとつチョイスしてみました。

Core i7-920 Core i7-860 Core i5-650
コードネーム Bloomfield Lynnfield Clarkdale
基本周波数 2.66GHz 2.80GHz 3.20GHz
ターボブースト 搭載 搭載 搭載
最大周波数(ターボブースト時) 2.93GHz 3.46GHz 3.46GHz
ハイパースレッディング 搭載 搭載 搭載
コア数 4 4 2
スレッド数 8 8 4
L3キャッシュ 8MB 8MB 4MB
グラフィック 非搭載 非搭載 搭載
メモリチャネル 3 2 2
チップセット X58 H55/H57P55/Q57 H55/H57P55/Q57

ターボブーストとは、自動的に定格の動作周波数より高速でプロセッサーを動作させる機能です。この機能により、シングルスレッドとマルチスレッド双方のアプリケーションでパフォーマンスが向上します。

→ よく分かりませんが、ターボブーストがあればパフォーマンスが向上するわけですね。車で例えるとブーストアップ?

ハイパースレッディングとは、1 つのコアで 2 つのスレッドを同時に実行する機能です。 マルチスレッドに対応したソフトウェアを使用する場合や、バックグラウンドでウイルススキャンを実行しながらマルチメディア・コンテンツの作成、編集、エンコード作業など、高度なグラフィック処理も快適にこなせます。

→ これもよく分かりませんが、4コアのCPUが擬似的に8コアになるので処理が早いってことですかね。

L3キャッシュは、何が何だかさっぱり分かりませんが、画像編集とかやるときは多いほうがよいみたいです。

某価格サイトで最安値を見ると、i7-920が26482円、i7-860が25925円、i5-650が17480円なので920と860の価格差はほとんどないですね。周波数だけ見ると基本周波数も最大周波数も860が920より上です。
気になるのは920だとメモリチャネルが3チャネルで帯域幅が広いんですけど、2チャネルとどれだけ差がでるのでしょう?

650は金額も周波数も魅力的ですが、2コアであること、L3が4MBであることから落選です。
920と860の対決ですが、ネットでベンチマークを見ると860が920を上回るスコアを出しているのでCore i7-860がよさそうです。

インテル Boxed Intel Core i7-920 2.66GHz 8MB 45nm 130W BX80601920 Intel Boxed Core i7 i7-860 2.80GHz 8M LGA1156 BX80605I7860 Intel Boxed Core i5 i3-650 3.20GHz 4M LGA1156 BX80616I5650

-PC
-,

Copyright© Photo Storage , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.